iクラブ

ごあいさつ

稲城 総合型地域スポーツクラブ(iクラブ)へようこそ
iクラブ会長 島 啓子

 皆さんはスポーツを楽しんでいらっしゃいますか?日本人の週1回スポーツをする人の実施率は42%で、欧米の60%に比べると少ないのが現実です。別に好きでもないことをすることもないのですが、便利すぎる世の中は体を動かす必要がなくなり、いつしか本来生き物が持っている、自分の体の健康を維持していく感性をなくしているように思えます。そして今日本は膨大な医療費が年々増加して、国家予算を圧迫しているところまできています。
 文科省はそのような状況を踏まえ、スポーツの裾野を広げるために今までとは違うやり方を模索し、もっと気軽に欧州のように自分の地域の中で体を動かすことを楽しめる場として、地域住民による自主的に運営された、総合型地域スポーツクラブの設立を推進してきました。
 「いつでも、誰でも、いつまでも」を合い言葉に、平成22年5月現在、全国1,803の市町村に1,124団体が設立され地域の実情に合ったやり方で運営されています。稲城市でも、有志により平成21年6月に稲城市独自の総合型地域スポーツクラブ「i クラブ」を創設しました。新しい街ニュータウンを発信基地とし、赤ちゃんから高齢者まで生涯にわたりスポーツを楽しんでいくことにより、世代を超えた会話の弾む、笑顔あれる街になることを願って、皆さんとともにこのクラブを育てていきたいと思います。

iクラブについて

 iクラブは、幼児から高齢者まで、初心者から上級者まで、稲城市民の誰もが、年齢、興味、関心、技術、技能レベルに応じていつでも活動できるスポーツクラブとして設立されました。

当クラブは、市民の皆さんが主体的に運営するスポーツクラブであり、スポーツ活動だけでなく文化的活動も準備中です。
さらに皆さんのご意見・ご要望をいただきながらiクラブならではプログラムを取りそろえ、皆さんがより楽しく健康な毎日を送っていただけるよう尽力して参ります。

設立の経緯

2006年1月、稲城市体育指導委員協議会は新しいスポーツ活動の形として様々な種目を網羅した「総合型」の価値を認め、「設立を考える会」のメンバーを広く公募しました。
その結果、体育指導委員、地区体育振興会委員など約30人が活動を開始しました。2007年にかけ、市内でのアンケートや、すでに活動経験のある団体を招いて研修を重ねた結果、市民のニーズに沿ったものであれば、この稲城にも求めている人が多数いるだろうとの結論に至りました。
2007年4月に「設立準備委員会」が設立され、プレ事業(実験的開催事業)としての卓球教室やウォーキングなどの実施、他団体への視察、当団体の組織作りなどの活動を進めた後、2009年6月に正式に当クラブが発足しました。        
クラブ名称 稲城総合型地域スポーツクラブ(iクラブ)
会長 島 啓子
設立 2009年6月
会員数 約400名以上
主な活動地域 稲城市立総合体育館を拠点とする多摩ニュータウン地域
連絡先
  • TEL:042-331-8866
  • e-mail:inagi-i.club@nifty.com
  • 受付時間:火曜日〜金曜日 12:00〜16:00

iクラブ受付へのアクセス

稲城市立第五中学校 クラブ室
※受付の入り口は、第五中学校と向陽台小学校の間にある通路沿いとなります。
来室の際は、中学校の敷地内には入らず周囲の道から迂回してお越し下さい。
また、車でお越しの際は、中学校駐車場ではなく稲城第2公園(稲城市中央公園野球場)の駐車場をご利用ください。

問い合わせ